「駑馬十駕」 IT系情報を中心に調べた事をコツコツ綴っています。

HTMLのリンクからネットワーク上の共有PC(CIFS)へアクセスしたいという要望があった場合の対処方法を記載します。

HTMLリンクはfile URI形式で設定

UNCパスでは「\\common\dir\test.xls」というエクスプローラでよく見かける記述となりますが、file URIのパスでは「file://///common/dir/test.xls」という記述形式となります。このfile URI形式でHTMLではリンクを設定します。

file URIパスへのリンクが有効になるようにブラウザ毎に設定

メジャーなブラウザ(IE以外)の多くはセキュリティ的観点から、file URIのリンクをクリックしてもリンク先を表示出来ない設定となっています。これを解除するためにはブラウザ毎に対応する必要があります。

Internet Explore

 IEの場合、セキュリティ対策が甘いのか何も設定する必要はありません。

Firefox

  1. 「user.js」ファイルを作成
  2. FireFoxの場合は設定が少し面倒で、プロファイルへ許可するアドレスを追加する必要があります。その設定ファイルをJavaScriptで以下の様に記述します。

    ※”http://common.dir.co.jp”の箇所 をリンクを許可したいサーバのアドレスへ変更して下さい。複数ある場合はスペースで区切って記述します。

  3. FireFoxのプロファイルフォルダへ「user.js」ファイルを配置
  4. 配置先「%AppData%\Mozilla\Firefox\Profiles\(英数字のランダム文字列).default」
    ※既に「user.js」ファイルが存在している場合は記述を追加して下さい。

  5. FireFoxを再起動
  6. FireFoxを再起動すると「user.js」ファイルへ記述した内容が「prefs.js」(Windowsで言うレジストリのようなもの)へ追加されます。

Ads by Google

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">