「駑馬十駕」 IT系情報を中心に調べた事をコツコツ綴っています。

画面キャプチャを1操作で簡単に保存出来るソフト「WinShot」のインストール手順と使用方法をご紹介します。
「WinShot」を起動するとタスクトレイに常駐しますので、事前にホットキーを設定しておけばCtrl+PrintScreen押下だけで画面キャプチャを連番付で自動保存という事も可能となります。開発現場などでテスト証跡を取得する際に重宝されるソフトの一つです。

WinShotの特徴

  • フリーソフト
  • 対応OS:Windows 95/98/Me/NT/2000/XP ※Windows7でも問題なく動作してます。
  • 画面キャプチャーを撮った直後に印刷・保存
  • 撮った直後のキャプチャー画像を専用ビューワーで表示し、印刷/加工処理を行うことも可能

ダウンロード先

    下記サイトへアクセスし、セットアップ版をクリックしてダウンロードします。
    WinShot公式サイト
    winshot インストール手順1

インストール手順

  1. ダウンロードしたexeファイルをダブルクリックしてインストーラを起動します。
  2. 「次へ」ボタンを押下します。
    winshot インストール手順2
  3. インストール先を選択して「次へ」ボタンを押下します。
    winshot インストール手順3
  4. ショートカットを作成するフォルダを指定し「次へ」ボタンを押下します。
    winshot インストール手順4
  5. 「デスクトップにアイコンを作成する」へチェックし、「次へ」ボタンを押下します。
    winshot インストール手順5
  6. 「インストール」ボタンを押下しインストールを開始します。
    winshot インストール手順6
  7. 「終了」ボタンを押下すればインストール完了です。
    winshot インストール手順7

WinShot設定例

  1. WinShotを起動し、タスクバーのWinShotアイコンを右クリックして「環境設定」を選択します。
    winshot 設定手順1
  2. 「基本設定」タブを選択し、ファイル自動保存の保存先をデフォルトの保存先を削除し、任意の保存先を追加します。また、保存ファイル名の接頭語、連番の桁数、連番の開始番号もここで指定します。
    winshot 設定手順2
  3. 「ホットキー」タブを選択し、「JPEGで保存(アクティブウィンドウ)」、ホットキー「Alt + PrintScreen」を選択して「OK」ボタンを押下すれば設定終了です。
    winshot 設定手順3
  4. 後は何かアクティブウィンドウを表示して「Alt + PrintScreen」を何度か押下すれば指定したフォルダへ画面キャプチャが連番付で保存されます。
    winshot 設定手順4

Ads by Google

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">