「駑馬十駕」 IT系情報を中心に調べた事をコツコツ綴っています。

ニュースなどでも取り上げられていますが、いよいよ本日「2014年04月09日」を持って長らくサポートしていた「Windows XP」や「Microsoft Office 2003」のサポートが打ち切られます。発売してから10年以上もサポートし続けていたのだから、まあこの辺が頃合いなのかなあと個人的には感じています。むしろ10年以上もよく持ったものだと関心する位ですが。しかし、個人ユーザから一般企業に至るまで広く使用されていたOSのサポート打ち切りとなると、世間的にインパクトはかなり大きいです。Windows7や8に以降するにしても無料ではないので、まだ移行出来していない方というのは特に資金面で厳しいユーザが多いのではないかと思われます。そこで、今後もWindow XPを使用し続けることのリスクについてまとめてみました。

サポートが打ち切られるとどうなるの?

    ⇒今後、セキュリティホールが発見されてもMicrosoftは一切パッチを提供しませんので、Window Updateを実行してもパッチは当てられなくなります。

ウィルス対策ソフトを最新にしていれば問題ないのでは?

    ⇒いくらウィルス対策ソフトを最新にしていても、OSそのものにセキュリティホールが残っている状態というのは、玄関の鍵は掛けてるけど窓ガラスは割れているという状態なのでハッカーなどからの攻撃は防げません。

それでも資金的に厳しいのでXPを使い続けたい場合はどうすればいいの?

    ⇒サポートが切れるだけでOSはこれまで通り動作しますので使用し続ける事は可能です。ですが以下の対策は必須と思われます。

  • インターネット環境に接続せず、完全オフライン状態で使用する。
  • USBなどの外部媒体は極力使用しない。
  • ウイルス対策ソフトを常に最新にしておく。
  • クレジットカード情報などの個人情報はPC上に保存しない。

Ads by Google

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">