「駑馬十駕」 IT系情報を中心に調べた事をコツコツ綴っています。

YouTubeのメディア再生が、FlashからHTML5に変更終了しました。

これによって具体的にどのような効果があるのかはこの2つの技術を検討するとわかると思います。

Flashは旧、HTML5は新、時代の流れからいえばHTML5のほうが優れているということが言えます。

主な違いとしてはHTML5では動画と音声をサポートしていて、Flashプラグインがなくても再生する点です。

一方でFlashは広告のある動画は再生できないという欠点があります。また対応しているブラウザが限られています。

2010年1月にはHTML5の動画テストを公開していましたが、Flashでなければ使えない機能があったため、移行するまでに年月を経過しました。
HTML5がABRをサポートしたのを契機として移行に踏み切りました。これにより滑らかなストリーミングが可能となりました。

また、HTML5はVP9をサポートしています。VP9はビデオコーディック技術で今年の6月に完成させる予定となっています。現在、YouTubeではVP8を用いています。

Ads by Google

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">