「駑馬十駕」 IT系情報を中心に調べた事をコツコツ綴っています。

パソコン市場は年々縮小し、反対にスマホとタブレット市場は拡大の一途を辿っています。
スマホとタブレットのOSは、そのほとんどをグーグル社のAndroidとApple社のiOSで占めており、パソコン市場では圧倒的なシェアを握っていたMicrosoft社のWindowsフォンやタブレットのシェアはほとんどありません。
こうした状況に、Microsoft社は危機感を抱き、なんとWindows 8.1 with BingのOSを無償で提供し始めました。対象となる端末はタブレットですが、一部低価格のノートパソコンにも搭載され、199ドルパソコンが実現しました。
また、タブレットやノートパソコンに中には、要件を満たすとOffice 2013 Home and Businessのバンドルが無料となる機種もあります。
既に国内でも、Windows 8.1 with BingタブレットでOffice 2013 Home and BusinessをバンドルしたWindowsタブレットが販売されています。
これまで、タブレットはホビー中心だったのが、Office 搭載により、Bluetooth機能付きキーボードをセットするだけで、ノートパソコンとしても使えるようになり、パソコンとの親和性は、Androidとは比べ物にならないくらい高いタブレットとなります。
Windows 8.1 with Bingといっても、ホーム設定を変えれば、必ずBingである必要はありません。

WindowsのOS無償の時代がやってきたことにより、あらゆる人々にコンピューターが行き渡る時代がやってこようととしています。
Windows95発売から20年が経ち、WindowsOS無償の時代がやってくるとはどれだけの人が想像していたのでしょうか。

Ads by Google

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">