「駑馬十駕」 IT系情報を中心に調べた事をコツコツ綴っています。

Web開発では帳票をExcelで出力する際に「Apache POI」がよく使用されています。
ただ「Apache POI」を使用する場合、システム的な制限やリソースなど事前に注意しておくべき点があるのでメモしておきます。

Apache POIの問題点

  • 「xlsx」形式のファイルの場合、リソースを大量に消費する
    POIを使用する場合、出力帳票のテンプレートファイルを用意して帳票を出力するケースが多いと思われます。このテンプレートファイルの拡張子がEXCEL2007以降の形式「xlsx」で用意されている場合、POIでは一旦そのファイルを全てメモリに読み込ませる為により多くのリソース(メモリ)を消費する事になります。
  • セル結合処理は非常に遅い
    POIでEXCEL操作する場合、セル結合処理は非常に処理速度が遅くなるので帳票のフォーマットを決める場合はセル結合しないフォーマットで設計しておいた方が懸命です。

Ads by Google

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">