「駑馬十駕」 IT系情報を中心に調べた事をコツコツ綴っています。

Strutsのバージョン「1.x」系と「2.x」系の違いについてメモしておきます。

Struts「1.x」の特徴

  • 一般的に「Struts」と言えば「1.x」系を指します。
  • 2008年12月リリースの1.3.10以降はバージョンアップは停止しています。
  • バージョンアップにより安定して利用出来るので多くの開発で利用されています。
  • Strutsの構成に「struts-config.xml」ファイルを使用しています。
  • ActionForwardオブジェクトを使用しています。
  • inputを返すActionについて検証(validateメソッド)の呼び出しが行われるため、検証が不要な場合にこれを抑制するコードを作成する必要があります。

Struts「2.x」の特徴

  • 元々「WebWork2」というフレームワークが名称変更されて「Struts 2」となりました。
  • 元は設計思想の異なる別物のフレームワークなので「Struts 1.x」系とは根本的に異なる物です。
  • 2016年2月現在でバージョン 2.3.24.1までリリースされています。
  • Struts 1.xでいう「struts-config.xml」は「struts.xml」に変更されています。
  • Struts 1.xでいう「ActionForwardオブジェクト」は「Resultオブジェクト」に置き換わりました。
  • inputを返すActionについて検証の呼び出しが行われないため、検証が不要な場合にこれを抑制するコードを作成する必要はありません。

Ads by Google

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">