「駑馬十駕」 IT系情報を中心に調べた事をコツコツ綴っています。

Javaでプロジェクト開発していると、自分一人ではなくチームで開発しているケースやリリース後の保守についても意識しながら開発する事になります。
仕様によってあるクラスやメソッドを削除したいけど既存で使用している箇所も一部残したいので削除は難しい。。というような場合はクラスやメソッドを非推奨とする「@Deprecated」タグを使用すると便利です。
「@Deprecated」タグを設定する事で今後そのメソッドを他の誰かが使用しようとした際、一目で非推奨というのが読み取れる事が出来ます。
「@Deprecated」タグはパッケージ、クラス、インターフェース、フィールド、メソッド毎に設定可能です。

@Deprecatedタグ:追加前

    @Deprecatedタグ_追加前

@Deprecatedタグ:追加後

    以下の様にメソッド名の箇所に取り消し線が引かれるので、非推奨というのが一目で分かるようになります。
    @Deprecatedタグ_追加後

Ads by Google

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">