「駑馬十駕」 IT系情報を中心に調べた事をコツコツ綴っています。

Javaで改行コードを指定する際、「\r\n」や「\n」というように直接ハードコーディングする事はプラットフォームに依存してしまうコードになってしまうので良いコーディングではありません。
改行コードを取得する際は「System.getProperty(“line.separator”)」を使用することでそのプラットフォームに対応した改行コードを柔軟に取得する事が出来ますのでこちらを使用するように心掛けましょう。

悪いコーディング例

良いコーディング例(推奨)

補足:改行コードの種類

    改行コードの種類にはプラットフォームによって以下の様なパターンがあります。

  • Windows:\r\n
  • Unix:\n
  • Mac:\n\r

Ads by Google

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">