「駑馬十駕」 IT系情報を中心に調べた事をコツコツ綴っています。

JavaでList< 独自クラス>をソートする方法をメモしておきます。
今回は無名クラスを作成してComparatorインターフェースを実装し、その中でcompareメソッドをオーバーライドしてソートする方法をご紹介します。
下記サンプルソースではソート用メソッドへ引数を指定する事で昇順、降順を指定出来るようにしています。

Javaソース



    文字列のフィールドでソートする場合、compareToメソッドではUNICODEで判定する為、全角文字(漢字や特殊文字)が含まれる場合は想定通りにソートされない可能性があります。
    上記サンプルでは文字列のフィールドでソートしていますが、「UtilSample1.java」の30行目を以下の様に変更すれば数値型の項目でもソート出来ます。

JUnitサンプル

JUnit実行後のコンソール

Ads by Google

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">