「駑馬十駕」 IT系情報を中心に調べた事をコツコツ綴っています。

JavaScriptで正規表現の使用方法についてご紹介します。

RegExpオブジェクトの生成方法

    JavaScriptで正規表現用のRegExpオブジェクト(JavaScriptで正規表現を解析して文字列検索する機能)を生成する方法として「RegExpオブジェクトのコンストラクタを経由する方法」と「正規表現リテラルを利用する方法」の2通りあります。どちらでも正規表現を使用することは出来ますが、記述方法の違いについて認識しておく必要があります。

  • RegExpオブジェクトのコンストラクタを経由する方法
    • 構文
    • 「\」をエスケープする必要があります。
  • 正規表現リテラルを利用する方法
    • 構文
    • 「/」をエスケープする必要があります。
  • オプション
    オプション説明
    g文字列全体に対して検索を行います。
    i大文字、小文字を区別しないで検索します。
    m複数行全て検索します。

正規表現の使用例

    実際に文字列が正規表現と一致しているかどうかを調べたい場合は「match」メソッドを使用します。

  • HTML
  • JavaScript
  • 実行サンプル
    携帯電話番号をハイフン区切りで入力して下さい:

Ads by Google

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">