「駑馬十駕」 IT系情報を中心に調べた事をコツコツ綴っています。

「Oracle Databa 11g」には大きく分けて「Bronze」、「Silver」、「Gold」、「Platinum」の4種類ありますが、SilverやGoldを受験する場合はその下位資格SilverならBronzeを習得済みであることが条件となりますので、いきなりGoldeを受験という事は出来ません。最初は誰でもBronzeからスタートとなります。
Bronzeは「SQLⅠ」と「DBA」の2つに合格してBronze取得となります。またSQLについてはオンラインで受験可能で「1Z0-051」と「1Z0-017」のいずれかに合格すれば合格となります。難易度としては「1Z0-017」は10gをベースにした試験内容ということで「1Z0-051」よりは出題範囲も狭くて優しくなるようです。
DBAに関しては各試験会場での受験となります。試験開催がピアソンVUEとなり、試験終了後即合否の確認は出来なくなっています。30分後にメールで合否通知が来るのでそのメールに記載されているリンクに従ってOracleサイトへログインしてから結果を確認する手順になります。その30分が試験結果に自信があればいいですが、自信がないときはかなりドキドキしながら待つことになります。個人的に合否は即分かるようにしてほしい・・・。

「Oracle Database 11g Bronze」資格取得情報

項目            詳細               
資格名称ORACLE MASTER Bronze
Oracle Database 11g
公式サイトOracle Database 11g 管理者
試験開催企業ピアソンVUE
※URL:「http://www.pearsonvue.com/japan/
試験番号(シリーズ)SQL:1Z0-051 or 1Z0-017
DBA:1Z0-018
難易度(5段階)★★
受験料43,416円(税込)
問題出題数SQL(1Z0-051):66問
DBA:48問
合格ライン60%
※SQL、DBA共に同じ
試験時間SQL(1Z0-051):120分
DBA:75分
使用教材ORACLE MASTER Bronze[11g SQL基礎Ⅰ](試験番号:1Z0-051)完全詳解+精選問題集
基本的にはこれ一冊で出題範囲を抑えておけば合格は可能と思われます。解説も丁寧なので理解しやすい。だが本試験の問題はこれより難易度は上がるので応用が効くようにしっかり理解する事が大切となります。
ORACLE MASTER Bronze[Bronze DBA11g](試験番号:1Z0-018)完全詳解+精選問題集
SQLと同様にDBAも基本的にはこれ一冊抑えておけば合格は可能と思われます。各章末問題と模擬試験が9割以上正解する位が目安。
Bronze DBA11g Web問題集DBAに関しては問題慣れする為にこのサイトを利用しました。難易度は本試験に近いです。
瀬戸内オラクル技術団 第26回勉強会資料瀬戸内オラクル技術団 第26回勉強会でのPDF形式の資料ですが、範囲は薄いですが説明が分かりやすいです。
学習期間3ヶ月
・SQL:2ヶ月
・DBA:3週間
受験日SQL:2014年9月
DBA:2015年3月
受験結果SQL:67%
DBA:68%
受験感想結果からするとSQLとDBAどちらもギリギリでの合格でした。
SQLに関しては業務でも多少使用しているので軽く勉強すれば何とかなるかなあぐらいの気持ちで望んでみたら予想外に難易度が高く120分があっという間で終了後はダメかもという感じでした。運良く合格は出来ましたが、あまく見てると足元救われるかもしれません。
SQLでの反省もありDBAはきっちりテキストを2週、章末問題と模擬試験を9割以上正解するまで繰り返す、さらにネット上の問題も数種類説いて挑みました。それでもDBAもギリギリでの合格となりました。
DBAの本試験に関してはテキストの模擬試験よりも「3つ選択して下さいという」という少し意地の悪い問題が多かった印象です。それでもテキストの問題を理解して解けるようにしていれば合格ラインには届くと思われます。
結果レポート
認定証

Ads by Google

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">