「駑馬十駕」 IT系情報を中心に調べた事をコツコツ綴っています。

簡単なショートコードを入力するだけで子ページ一覧を表示してくれるプラグインです。

<主な機能>
・子ページ一覧を表示
・フィルターフックが用意されているので、CSSやHTMLなどのカスタマイズが可能

<プラグイン入手先>

◆「Child Pages Shortcode」日本語版サイト

<使用方法>
  1. メニューの「プラグイン」→「新規追加」から「Child Pages Shortcode」を検索しインストールします。
  2. プラグイン「Child Pages Shortcode」の中にある「有効化」をクリックします。
  3. 子ページを表示したい固定ページを編集画面へ以下のショートコードを入力します。

    ※基本的にこれで子ページの表示は可能です。また、以下の様に属性でカスタマイズも可能です。

    属性説明
    id出力する子ページの親IDを指定します。
    ・デフォルト値:ショートコードを入力した固定ページのID
    width出力される子ページの横幅を指定します。
    ・デフォルト値:50パーセント(2列表示)
    size画像サイズ「large」、「thumbnail」、「medium」を指定します。
    ・デフォルト値:thumbnail

Ads by Google

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">