「駑馬十駕」 IT系情報を中心に調べた事をコツコツ綴っています。

一度アクセスのあったページのキャッシュを生成して次回以降再利用することにより、表示にかかる実行時間を短縮して高速化するプラグインです。
導入すると、使用前と比べてWordPressの処理時間を10~100倍前後も短縮出来ます。
但し、キャッシュの有効期限が切れるまでの間は古いページが表示される為、注意が必要です。

<主な機能>
・ページのキャッシュ化による処理高速化
・ログイン中ユーザーに対してのキャッシュの不使用
・投稿/固定ページの公開/更新時にすべてのキャッシュをクリア

<プラグイン入手先>
◆「WP Super Cache」英語版サイト

<使用方法>
  1. メニューの「プラグイン」→「新規追加」から「WP Super Cache」を検索しインストールします。
  2. プラグイン「WP Super Cache」の中にある「有効化」をクリックします。
  3. プラグイン「WP Super Cache」の中にある「設定」をクリックします。
  4. 設定画面で「キャッシング利用(推奨)」を選択し、「ステータスを更新」ボタンをクリックします。
    WP Super Cashe 設定画面1
  5. 設定画面にある「キャッシュをテスト」ボタンをクリックし、キャッシュのテストを行います。「両方のページのタイムスタンプがマッチしました !」と表示されればテストOKです。
    WP Super Cashe 設定画面2
  6. FTPソフトなどで「wp-content」内に「cache」ディレクトリが作成されている事を確認します。
  7. 設定画面で「詳細」タブを選択し、「ページを圧縮し、訪問者により速くページを供給する。 (推奨)」、「既知のユーザー向けにはページをキャッシュしない。 (推奨)」、「Clear all cache files when a post or page is published or updated.」をチェックします。
    WP Super Cashe 設定画面3
    • 「ページを圧縮し、訪問者により速くページを供給する。 (推奨)」をチェックすると、gzip圧縮されたファイルを利用するので、データ転送量が短縮し、さらに高速化が見込めます。
    • 「既知のユーザー向けにはページをキャッシュしない。 (推奨)」をチェックすると、ログイン中のユーザーに対してキャッシュを使わずにWordPressの動的生成ページが表示されます。
    • 「Clear all cache files when a post or page is published or updated.」をチェックすると、投稿/固定ページの公開/更新時にすべてのキャッシュがクリアされます。

Ads by Google

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">