「駑馬十駕」 IT系情報を中心に調べた事をコツコツ綴っています。

記事(投稿、固定)を新規投稿/更新した際、自身のtwitterアカウントと連動してツイートしてくれるプラグインです。
記事を新規作成して自身でtwitterボタン押してつぶやく手間が面倒という方に最適です。

WP to Twitterの主な機能

  • 記事の新規投稿/更新時にTwitterへ自動ツイート
  • 投稿/固定ページ両方に対応
  • 短縮URLでの投稿

プラグイン入手先

公式サイトから直接ダウンロードしたい場合は下記リンク先から入手出来ます。

WP to Twitterの設定手順

ここではWordPressの画面からのダウンロード&設定手順について説明します。

  1. WordPressの設定画面から「プラグイン」⇒「新規追加」⇒「WP to Twitter」を検索⇒「今すぐインストール」を選択します。
    WP to Twitter 設定手順1
  2. WP to Twitterをインストール後、「プラグインを有効化」を選択します。
    WP to Twitter 設定手順2
  3. WordPressの設定画面から「設定」⇒「WP to Twitter」を選択します。
    WP to Twitter 設定手順3
  4. WP to Twitterの設定画面が開くのでまず、「Twitterアプリケーション登録ページ」リンクを選択し、twitter連携用アプリを作成します。
    WP to Twitter 設定手順4
  5. Create an application画面が開いたら、「Name」・「Description」・「Website」・「Callback URL」をそれぞれ入力します。
    WP to Twitter 設定手順5

    • Name:サイト名やブログのタイトルなどを入力します。
    • Description:applicationの説明を入力します。「例:***とのtwitter連携用アプリ」
    • Website、Callback URL:記事投稿するサイトやブログのドメイン名を入力します。
  6. 上記項目入力後、規約を読んで理解した上で「Yes, I agree」へチェックし、「Create your Twitter application」ボタンを選択します。
    WP to Twitter 設定手順6
  7. アプリケーションが正常に作成されると以下の様な画面が表示されます。
    WP to Twitter 設定手順7
  8. 次に「Permissions」タブを選択し、「Read and Write」を選択後「Update Settings」ボタンを選択すればアプリケーションの作成については完了です。
    WP to Twitter 設定手順8
  9. 作成したアプリケーションとWordpressで作成しているサイトを連携させるには「Consumer Key」・「Consumer Secret」・「Access Token」・「Access Token Secret」という4つのキー情報が必要となります。これらは「Keys and Access Tokens」タブを選択すると確認する事が出来ますので控えて下さい。
    WP to Twitter 設定手順9
    「Create my access token」ボタンを選択すると「Access Token」・「Access Token Secret」のキー情報が作成されます。
    WP to Twitter 設定手順10
    WP to Twitter 設定手順11
  10. キー情報を控えたらWordPressの「WP to Twitter」設定画面に戻り、控えたキー情報をそれぞれ入力し、「Twitterと連携」ボタンを選択します。
    WP to Twitter 設定手順12
  11. 「WP to TwitterはTwitterと連携しました。」というメッセージが表示されれば設定完了となります。
    WP to Twitter 設定手順13

Ads by Google

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">