「駑馬十駕」 IT系情報を中心に調べた事をコツコツ綴っています。

Excelで計算をしていると「#DIV/0!」と表示されてしまうケースを見かける事があるかと思います。この事象の発生原因と対処方法をメモしておきます。
#DIV/0!_before

発生原因

  • 0割している
  • 割る時の値(セル)が未入力になっている

対処方法

  • 原因は明確なので割り算する場合は、事前にif文で割る値を判定してから割り算を行うように以下の様に条件式を追加します。
    =IF(AND(ISNUMBER(C5), C5>0),D5/C5,”項目数を入力して下さい”)
    #DIV/0!_after

Ads by Google

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">