「駑馬十駕」 IT系情報を中心に調べた事をコツコツ綴っています。

今回は、今一般的に使われているWindows OSと、Macintosh OSの違いについて書いていこうと思います。
まず、WindowsもMacintoshも大まかには似たようなものです。
ですが、Macintoshというのは元々の設計上の違いもあり、Windowsほどには頻繁なマイナーアップデートが少なかったり、OSをバージョンアップしても、Windowsよりは動作が遅くなりにくいという傾向があります。
そういう傾向があるため、より集中力が要る作業が多い、音楽や映像や写真などの編集に向いていると思います。
逆にブラウザなどでインターネットなどを観る分には、互換性が高い事が多いWindowsの方が良いと思います。
他にもWindowsは持っている人が多いので、困ったことがあったとき、相談しやすいという傾向があると思います。

Windows OSの特徴

  • ソフトはMicrosoftが作成していますが、ハードは様々なメーカーで作成されています。
  • 様々なソフトとの互換性が高い。
  • ソフトの数が多い。

Mac OSの特徴

  • ハードとソフトは一体のものであるというポリシーの元にOSもハードウェアも同じ会社(Apple)で作成されているので安定性が高い。
  • 音楽や映像や写真などの編集に向いている。
  • ウイルスに感染しにくい。

Ads by Google

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">