「駑馬十駕」 IT系情報を中心に調べた事をコツコツ綴っています。

インターネットを構成する上で、webサーバを理解することは非常に重要です。
ホームページなどのwebサイトを構築する場合、webサーバーを何にするのかというのは非常に重要になります。
webサーバーとしては、UNIXやLINUXで使われているapacheと、windowsで使われるIISの2種類が一般的に広く使用されています。
これらは機能にも違いがあるため、サーバー移行などをする場合によく理解していないとトラブルになることもあります。
apacheはレンタルサーバーなどを借りると使われていることが多く、ノウハウなどもwebサイトから収集もしやすいというメリットがあります。apacheに精通した技術者も多く、世界中で使われているといった特徴があります。
一方、IISはwindowsサーバーで使われていて、apacheに比べると需要は少なくなります。
基本的にどちらもできることは似ていますが、両者の特徴やメリット・デメリット、記述方法などをしっかりと理解して環境に最適なWebサーバを選択することが重要となります。

apacheの特徴

  • 設定しだいで幅広い環境に対応出来る。
  • 技術的スキルが必要となる。
  • 精通した技術者も多く、世界中で使われているといった特徴があるため、トラブルが発生してもノウハウを探しやすい。

IISの特徴

  • ASP(.NET Framework)を使って簡単に動的なWebページを作成出来る。
  • ASP(.NET Framework)以外の言語(PHPやJava)で開発された物を動かすには、ほとんど利点がない。

Ads by Google

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">