「駑馬十駕」 IT系情報を中心に調べた事をコツコツ綴っています。

PostgreSQL独自のSQLコマンドとしてCOPYコマンドが実装されています。
これはサーバ上にあるCSVファイルからある表に、一括してデータを流し込むこ操作を行うことの出来るコマンドとなっています。

コマンドは通常のSQLと同様にpsql上から発行できます。
表の全列にデータを流し込む場合には、以下の書式になります。

insert分などと同様に、表の一部の列にだけデータを流し込むことも可能です。
その場合のSQLの記述方法は以下となります。

また、サーバ側にCSVファイルがない場合、psqlの標準入力からCSV形式でデータを入力することも可能です。その場合には以下の書式となります。

PostgreSQLCOPYコマンドはデータ一括登録時時に便利なので覚えておくのも良いかもしれません。

Ads by Google

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">