「駑馬十駕」 IT系情報を中心に調べた事をコツコツ綴っています。

djUnitを使用する上での最大の利点と言っても良いのがVirtual Mock Objects(仮想モックオブジェクト)が使用出来る事です。
このVirtual Mock Objectsを使用すると作成したクラスでUtilクラスなどのメソッドを使用している場合、使用しているメソッドの戻り値を自由に変更する事が可能となります。
djUnitでメソッドの返却値を好みのものに変更する場合は「addReturnValue」メソッドを使用します。
「addReturnValue」メソッドの使用タイミングとしては、作成したクラスで使用している共通クラスのメソッドなどが未完成の場合でスタブが必要になるケースなどが考えられます。

Javaソース

djUnitサンプル

Ads by Google

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">