「駑馬十駕」 IT系情報を中心に調べた事をコツコツ綴っています。

Web系の開発していると画面表示確認する際に、「cssやjsは変更したのに画面を表示してみると反映されていない」という事を経験した方は少なくないと思います。
こういう場合はまず、F5もしくはctrl+F5を押下して画面を再表示(リロード)確認すると思いますが、そもそも「F5単独」押下と「ctrl+F5同時」押下では何が違うんだろう?という事についてメモしておきます。

F5単独押下時のリロード

  • ブラウザでキャッシュされている場合、キャッシュを利用して画面を再表示します。

Ctrl+F5同時押下時のリロード

  • ブラウザのキャッシュを利用せずにサーバーにある最新の情報を読み込んで画面を再表示します。
  • スーパーリロードとも呼びます
  • IE、FireFoxではCtrl+F5でスーパーリロードしますが、ChromeはCtrl+Shift+Rでスーパーリロードします。

Ads by Google

ブラウザ表示でのF5とctrl+F5の違い」に2件のコメント

  1. BINGE より:

    最近になって、WEBのプログラム(ホームページ作成)をやっていて、自分のPCキャッシュを更新するためにこのCTRL+F5知ったんですが、CTRLを押さないF5だけのキャッシュ表示というのもあるそうですね・・・。私のほうで、確認したんですが、CTRL+F5を使用すると、インターネットエキスプローラーで、jvascript関連のエラーが出るようです・・・。対応策として、IE以外のブラウザを使うとか・・・。

    BINGE/binge2.web.fc2.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">