「駑馬十駕」 IT系情報を中心に調べた事をコツコツ綴っています。

SQLを理解する上で記載する各句の実行順序を理解している事はとても重要な事です。この辺の知識がおろそかになっていると複雑なSQLを書く場合や作成したSQLのパファーマンスに問題が発生した場合、他人か作成したSQLの修正などの対応に苦慮する事になるからです(はい私の事です)。逆に各句の実行順序を正しく理解していれば複雑なSQLもスラスラ書けるようになっていきます。
では今回は「SELECT文の各句の実行順番について」まとめておきます。

SELECT文で指定可能な句

    SELECT文での指定順序で記載すると以下の様になります。

  • SELECT句
  • FROM句
  • WHERE句
  • GROUP BY句
  • HAVING句
  • ORDER BY句

SELECT文で指定可能な句の実行順序

    上記の句を実際に実行される順序に並び替えると以下の様になります。

  1. FROM句
  2. WHERE句
  3. GROUP BY句
  4. HAVING句
  5. SELECT句
  6. ORDER BY句

Ads by Google

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">