「駑馬十駕」 IT系情報を中心に調べた事をコツコツ綴っています。

通常JUnitでは1クラスに対して1クラス分のテストケースクラスを作成してテストを実施します。何らかの業務でプロジェクト全体での規模になってくるとその数は何十、何百、時には何千となる事も珍しいことではありません。
こういったプロジェクトでソースに何らかの修正が入り、テストを実施するという場合に1つずつJUnitで確認していたのでは実行するだけで無駄に時間が掛かってしまいます。
こういう場合には「テスト・スイートクラス」を作成して、まとめて実行して確認するのが一般的な手法となります。

環境

    pleiades(eclipse4.2)
    junit_4.10.0

テスト・スイートクラスの作成手順

  1. テストケースクラスが保存されているパッケージで右クリックし、「新規」⇒「その他」を選択します。
    Junitテスト・スイートの作成方法_1
  2. ウィザード画面で「JUnit」⇒「JUnitテスト・スイート」を選択し「次へ」ボタンを選択します。
    Junitテスト・スイートの作成方法_2
  3. テストスイートクラスのファイル名(デフォルトではAllTestsとなります)、保存先のフォルダ、テストしたいクラスを設定し、「完了」ボタンを選択します。
    Junitテスト・スイートの作成方法_3
  4. 上記手順で以下の様なテスト・スイートクラスが作成されます。

Ads by Google

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">