「駑馬十駕」 IT系情報を中心に調べた事をコツコツ綴っています。

業務でデータベースの操作をする場合、データが大量に登録されているテーブルへアクセスする場合に索引(INDEX)を作成するとSQLクエリの実行が劇的に早くなるケースが多々あります。この索引(INDEX)についてどういう場合に作成すれば良いのか、メリット、デメリット等についてまとめておきます。

どういう場合に索引(INDEX)を作成すれば良いのか

索引(INDEX)を作成した方が良いケース

  • 項目数/データ数が多い大規模な表の1%~15%程の行を頻繁にアクセスする場合
  • WHERE句で頻繁に使用されている列である場合
  • 列の値が比較的一意である場合
  • 参照整合性制約で使用されている外部キーになっている列である場合

索引(INDEX)を作成しない方が良いケース

  • データ登録件数が少ない表である場合
  • 列内の値がほぼユニークである場合
  • NULL値が多く、NULL以外の値を検索しない場合

索引(INDEX)のメリット

  • 表検索(SELCET)する際、特定の行を素早く検索する事が出来る為、検索のパフォーマンスが早くなります。
  • ソート作業を省略出来ます。

索引(INDEX)のデメリット

  • データの登録(INSERT)、変更(UPDATE)の際、索引変更のためのオーバーヘッドが加わるため、索引(INDEX)がないテーブルに比べると時間が掛かります。
  • 索引(INDEX)を作成する領域が必要となります。

Ads by Google

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">