「駑馬十駕」 IT系情報を中心に調べた事をコツコツ綴っています。

サイトマップを自動で作成してくれるプラグインです。
サイトマップのスタイルの変更も12種類から選択可能なのでお気に入りも見つかるはず。

<主な機能>
・ホーム(トップ)ページリストの出力ON/OFFを設定可能
・投稿カテゴリおよび投稿リストの出力ON/OFFを設定可能
・ページのリストの出力ON/OFFを設定可能
・出力階層の制限を設定可能
・ページリスト、投稿リストの表示順を設定可能
・投稿リストをカテゴリ別に表示
・出力除外するカテゴリ、投稿、ページを設定可能
・サイトマップの表示スタイルを12種類から選択可能(スタイルなしも設定可能)

<プラグイン入手先>

◆「PS Auto Sitemap」日本語版サイト

<使用方法>
  1. 事前にサイトマップ用の固定ページを作成します。
    ※記事IDを控えておきます。(post=**の数字)
  2. メニューの「プラグイン」→「新規追加」から「PS Auto Sitemap」を検索しインストールします。
  3. プラグイン「PS Auto Sitemap」の中にある「有効化」をクリックします。
  4. メニューから「設定」→「PS Auto Sitemap」をクリックし、設定を行います。
    ・サイトマップを表示する記事 : 1.で控えていたサイトマップページの記事IDを指定して下さい。
    ・キャッシュの使用 : チェックします。
    ※上記以外は自分の好みに合わせて設定して下さい。PS Auto Sitemap 設定画面1
  5. ご利用方法欄にある「<!– SITEMAP CONTENT REPLACE POINT –>」をコピーします。PS Auto Sitemap 設定画面2
  6. サイトマップページの編集画面を開き、HTMLモードで上記でコピーした「<!– SITEMAP CONTENT REPLACE POINT –>」を貼り付けます。
    PS Auto Sitemap 設定画面3

Ads by Google

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">