「駑馬十駕」 IT系情報を中心に調べた事をコツコツ綴っています。

WordPressではテンプレートタグの「get_calendar」を使用すれば、ブログのサイドバーなどでよく見かけるカレンダーを簡単に設置出来ます。

  • 説明:記事投稿日にリンクがつけられたテーブル形式のカレンダーを出力します。
  • 引数:initial(true or false)
    • true:曜日を英語の頭文字1文字で出力(例えば日曜日なら S)
    • false:曜日を言語別に対応した省略文字で出力(例えば日曜日なら S)

追加手順

環境:WordPress ver3.8.1、3.8.2、3.9

  1. 「sidebar.php」へget_calendarタグを追加

    追加すると以下の様なカレンダーが出力されます。
    calendar_default
    このカレンダーのHTMLコードは以下の様になっています。
  2. カレンダーの土日へクラスを追加
    「general-template.php」のfunction「get_calendar」を以下の様に修正します。
    ※WordPressのバージョンアップを実施すると修正前の状態に戻ります。

    function「get_calendar」修正前

    function「get_calendar」修正後


  3. カレンダーのサイズを調整
    デフォルト状態ではカレンダーのサイズがホームページに合わないので、カレンダーをスタイルシートで微調整してみます。スタイルシートはメインテーマの「style.css」へ追加しています。

Ads by Google

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">