「駑馬十駕」 IT系情報を中心に調べた事をコツコツ綴っています。

Excelで複数の条件でデータ数のカウントや集計する方法をご紹介します。
使用する関数は複数条件でのカウントならcountifs関数を、複数条件での集計ならsumifs関数を使用する事で実現出来ます。

動作環境

    Microsoft Office Professional 2013

Excelで複数の条件でカウントする方法

今回はCOUNTIFS関数を使用して以下の表データを対象に「工程」別に「状態」毎の個数を求めます。
複数条件でカウント・集計する方法_元データ

  1. カウント結果を表示するセル(今回はH列へ表示させるので以下はH4セルの入力例となります)へ以下の式を入力します。
    「=COUNTIFS($B$3:$B$12,$F4,$C$3:$C$12,$G4)」
    複数条件でカウント・集計する方法_1
  2. 後は結果を表示したい行数分コピーしてすれば「工程」別に「状態」毎の個数が表示されます。
    複数条件でカウント・集計する方法_2

Excelで複数の条件で集計する方法

今回はSUMIFS関数を使用して以下の表データを対象に「工程」と「状態」毎に「期間」の集計値を求めます。

  1. 集計結果を表示するセル(今回はI列へ表示させるので以下はI4セルの入力例となります)へ以下の式を入力します。
    「=SUMIFS($D$3:$D$12,$B$3:$B$12,$F4,$C$3:$C$12,$G4)」
    複数条件でカウント・集計する方法_3
  2. 後は結果を表示したい行数分コピーしてすれば「工程」と「状態」毎に「期間」の集計値が表示されます。
    複数条件でカウント・集計する方法_4

Ads by Google

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">