「駑馬十駕」 IT系情報を中心に調べた事をコツコツ綴っています。

ruby要素は子要素にrt要素・rp要素を指定することで初めてルビとしての効果を発揮します。

それぞれの要素の役割

    要素名用途    
    rubyルビを振る文字列全体を囲みます
    rtルビのテキストを指定します。
    ruby要素の子要素として使用します。
    rpruby要素に対応していないブラウザでルビのテキストを囲う文字(例:括弧など)を指定します。
    ruby要素の子要素として使用します。
    rt要素の直前か直後に記述します。

ruby、rt、rp要素:属性情報

    要素固有のコンテンツ属性はなし

実装例

    HTML5コード

    実行結果

    檸檬(レモン)
    秋刀魚(さんま)
    西瓜(スイカ)
    薔薇(バラ)
    躑躅(コスモス)

Ads by Google

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">