「駑馬十駕」 IT系情報を中心に調べた事をコツコツ綴っています。

JSPとは

  • JSPとはHTMLの中に断片的なJavaプログラムを埋め込み、Webサーバで動的にWebページを生成してクライアントに送信する技術。
  • クライアントの要求に応じてプログラムを実行し、処理結果のみをクライアントに送信する。
  • 簡易なサーバサイド処理環境。
  • JSP出来る事はサーブレットでも可能。サーブレットから表示部分を切り出したのがJSP。

JSPページで利用可能な主な要素

要素 名前概要
<%@~%>ディレクティブJSP & サーブレットコンテナへの処理方法(指令)を記述する(@pageなど)
<%!~%>宣言部変数などの宣言を行う
<%~%>スクリプトレットJavaプログラムを記述する
<%--~--%>
<!--~-->
//
/*~*/
コメントJSP & サーブレットコンテナから解釈されないコメントを記述する
  • スクリプトレット内の文は必ず「;」で終了しなければなりません。

利用可能な主なディレクティブ

ディレクティブ概要
@pageページの処理方法を決める
@include外部ファイルをインクルードする
@taglibページ内で使用するタグライブラリを宣言する
@tagタグファイルの処理方法を決める
@attributeタグファイルで利用可能な属性を宣言する

JSPで利用可能な主な暗黙オブジェクト

オブジェクト概要
applicationユーザ間で共有できる情報を管理する
configアプリケーションの設定情報を管理する
exception例外情報を管理する
outクライアントへの出力を行う
pageContext他の暗黙オブジェクトへのアクセス手段を提供する
requestクライアントからの要求情報を受取る
responseクライアントへの出力を制御する
sessionセッション内で共有できる情報を管理する

JSPページで利用可能な主な命令

命令概要
if単純分岐を定義する
switch多岐分岐を定義する
for指定された回数だけループを繰り返す
while条件式がtrueの間、ループを繰り返す(前方判定)
do while条件式がtrueの間、ループを繰り返す(後方判定)
break現在のループを中断する
continue現在のループをスキップする

フォーム部品

※作成中

参考文献

Ads by Google

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">