「駑馬十駕」 IT系情報を中心に調べた事をコツコツ綴っています。

EXCELでのCOUNTIF関数の使用方法です。

「COUNTIF」関数とは

  • 指定範囲の内、条件に一致するセルの個数を算出する関数です。

「COUNTIF」関数の書式

    =COUNTIF(範囲, 検索条件)

  • 範囲:必須。カウントする1つまたは複数のセルを指定します。
  • 検索条件:必須。計算の対象となるセルを定義する条件を数値、式、セル参照、または文字列で指定します。

「COUNTIF」関数の使用例

    下記使用例では「予定表」の「予定」列へ入力された「○」と「×」の件数をカウントしています。
    COUNTIF 使用例

  • C34セルの設定例:=COUNTIF(C4:C33,”○”)
  • C35セルの設定例:=COUNTIF(C4:C33,”×”)

Ads by Google

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">