「駑馬十駕」 IT系情報を中心に調べた事をコツコツ綴っています。

XSLTとは

  • 一つのXML文書をHTML形式・TEXT形式・別のXML形式などの様々な文書に変換する為の言語です。
  • XML文書とスタイルシートそれぞれに影響与えることなく管理する事が可能です。

XSLTの要素一覧

要素機能説明
xsl:apply-importsxsl:importで呼び出したスタイルシートのテンプレートを適用します。
xsl:apply-templates指定したパターンに合ったテンプレートを適用します。
xsl:attribute属性を生成します。
xsl:attribute-set属性の集合を定義します。
xsl:call-templatexsl:templateにおいてname属性を指定したものを呼び出します。
xsl:choose多分岐処理。
xsl:whenとxsl:otherwiseを使用して、複数の条件を記述できます。
xsl:commentコメントを生成します。
xsl:copyカレントノードだけをコピーします。
xsl:copy-of指定した条件に合致するものを出力結果にコピーします。
xsl:decimal-format10進数フォーマットを宣言する(format-number関数と共に使用します。
xsl:element要素を生成します。
xsl:fallback拡張命令が使用できない場合に実行する処理を指定します。
xsl:for-each繰り返し処理。
select属性で指定したノードがある間、処理を繰り返します。
xsl:if条件分岐処理。
test属性の値が真の場合、処理を実行します。
xsl:importスタイルシートのインポート。
href属性に指定した別のXSLTスタイルシートを呼び出します。
xsl:includeスタイルシートのインクルード。
href属性に指定した別のXSLTスタイルシートを呼び出します。
xsl:keyキーを定義します。
xsl:messageXSLTプロセッサにメッセージを表示します。
xsl:namespace-alias名前空間の別名を宣言します。
xsl:number数字を出力します。
属性を指定することでレベル付けが可能です。
xsl:otherwisexsl:choose要素の中でxsl:when要素に該当しない場合の処理を記述します。
xsl:output処理結果の出力形式を指定します。
xsl:paramパラメータ(初期値)を定義します。
xsl:preserve-space要素が空白だけのテキストノードを保存します。
xsl:processing-instruction処理命令を生成します。
xsl:sortソートを行います。
select属性にソートキーとなるものを記述します。
xsl:strip-space要素が空白だけのテキストノードを削除します。
xsl:stylesheetスタイルシートを宣言。
XSLTスタイルシートのルート要素となります。
xsl:template変換元文書の要素に対して変換内容を記述します。
指定したmatch属性に一致した場合に処理します。
xsl:textテキストを生成します。
xsl:transformxsl:stylesheet要素の別名。
xsl:variable変数を定義します。
xsl:value-of要素のテキストを出力します。
select属性に対象となる要素を指定します。
xsl:whenxsl:choose要素の中で条件分岐として記述します。
xsl:with-paramテンプレートにパラメータを渡します。

Ads by Google

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">