「excel」タグアーカイブ

Excel:図形(オブジェクト・オートシェイブ)内の文字列を検索する方法

Excelで図形(オブジェクト・オートシェイブ)内の文字列を検索すると通常は以下の様に検索結果にヒットせず「検索対象が見つかりません。…」と表示されます。

今回は「Relax Tools AddIn」というアドインを導入して図形内の文字列を検索可能とする手順を説明します。

アドイン「Relax Tools AddIn」のダウンロード

Excelで図形内の文字列を検索する手順

  1. 「オプション」を選択します。
  2. 「アドイン」⇒「設定」ボタンを選択します。
  3. 「参照」ボタンを選択します。
  4. ダウンロードしたファイル内にある「RelaxTools.xlam」を選択します。
  5. 以下の様に「RelaxTools AddIn」が追加されていることを確認します。
  6. 追加された「RelaxTools」タブの「検索/置換/装飾」⇒「セル・シェイブの正規表現検索」を選択します。
  7. 検索ボックスで検索を実施すると以下の様に図形内の文字列も検索結果として表示されているのが確認出来ます。

Excelの表をWordへ貼り付ける方法

Excelで作成した表やテーブルなどをWordへ貼り付ける場合、単純にコピペでも可能ですが、計算式などの書式は数値としてそのままコピーされるので今ひとつ使い勝手が良くない表になってしまいます。

そういう場合は「形式を選択した貼り付け」でExcel形式のオブジェクトとして貼り付けすることでExcelの計算式などもコピペ出来るので便利です。

Excelの表をWordへ貼り付ける手順

  1. Excelで貼り付けたい表を選択してコピーします。
  2. Wordで「ホーム」タブ ⇒ 「貼り付け」 ⇒ 「形式を選択して貼り付け」 を選択します。
  3. 「Microsoft Excel ワークシート オブジェクト」を選択して「OK」ボタンを選択します。
  4. 以下のようにExcelの表のまま貼り付けられているのが確認できます。
  5. 貼り付けた表をダブルクリックするとExcelベースでのフィルタやグループ化なども操作する事が可能となります。

Excel:非表示行を含めずに集計(カウント)する方法

Excelで非表示行を含めずに集計したい場合はSUBTOTAL関数を使用すると便利です。

フィルタで絞ったり、グループ化して一部範囲行を非表示にして現在表示されている行のみ集計したい場合などで有用となる関数です。

SUBTOTAL関数の書式

  • =SUBTOTAL(集計方法,参照1,[参照2]…)
  • 第1引数の集計方法には1~11のコード値か101~111のコード値を指定出来ます。3桁のコード値を指定する事で非表示行を含めずに集計することが可能になります。
    Function_num
    (非表示行を含む)
    Function_num
    (非表示行を含めない)
    関数
    1101AVERAGE
    2102COUNT
    3103COUNTA
    4104MAX
    5105MIN
    6106PRODUCT
    7107STDEV.S
    8108STDEV.P
    9109SUM
    10110VAR.S
    11111VAR.P

SUBTOTAL関数の使用例

  • 下記サンプル(テーブル)ではC列は通常のSUM関数、D列をSUBTOTAL関数で集計しています。全ての行を表示している場合はどちらも値は同じとなります。D8セルには「=SUBTOTAL(109,[金額2])」を入力します。
  • グループ化した分類=①の行を非表示にしてみると以下の様に分類=②の行のみの集計値がD列に表示されているのが確認出来ます。
  • 他にもフィルタで商品=Aのみ表示すると商品=Aの集計のみD列に表示されているのが確認出来ます。

 

Excel:本日の日付を表示する方法

Excelで本日の日付を表示するにはTODAY関数を使用すれば簡単に表示出来ます。

TODAY関数はパソコンの内部時計から現在日付を取得して表示する関数となります。

TODAY関数を使用して本日の日付を表示する例

・以下の例ではB2セルへ「=TODAY()」を入力して本日の日付を表示しています。

Excel:フラッシュ フィル機能でデータを自動入力する方法

Excel2013から追加されたフラッシュ フィル機能はデータ入力に法則性があるとそれに沿って自動入力してくれる機能です。これまで関数や区切り文字などでウィザードを使用して分割表示させていたものを一瞬で入力出来るようになります。

フラッシュフィル機能の使用例

  1. 以下の様にAセルへ氏名を入力します。
  2. 次に姓と名を分けて2行目へ入力します。
  3. B列のセルを選択して「ホーム」タブ ⇒ 「フィル」 ⇒ 「フラッシュ フィル」を選択します。
  4. 以下の様にB列へ自動で姓のみ入力されているのが確認出来ます。
  5. 同様にC列を選択してフラッシュフィルを実行すると以下の様にC列にも名のみ自動で入力されます。

Excel:作成した表をテーブル化して作業効率化する方法

Excelの基本用途は表作成ですが、表の作成段階でテーブル化しておくことで作業効率化出来るのでメモしておきます。

作成した表をテーブル化して作業効率化する方法

Excelで以下のような表を作成すると集計行や列を追加したり見出しの色を変えて見やすくし、行ストライプ表示(しましま表示)にして見栄え良くして。。など手作業で色々と装飾系にも気を使って追加すると地味に面倒な作業ですが、表の初期作成段階でテーブル化することでそれらの作業を自動で実行してくれるので作業効率を上げることが出来ます。

  1. 最初にテーブル化したい範囲を選択して「ファイル」タブの「テーブル」を選択します。
  2. テーブルの作成画面が表示されるので見出し行がある場合は「先頭行をテーブルの見出しとして使用する」へチェックして「OK」ボタンを選択します。
  3. 以下のように見出し行の色分け、行ストライプ表示、フィルタリングが自動で設定されているのが確認できます。
  4. 作成したテーブルを選択すると以下のように「デザイン」タブが表示されて、他にもスライサーの挿入や集計行の追加、テーブルデザインの変更などテーブル操作の作業が実行しやすくなるため作業効率化出来ます。

 

Excel:順位を求める方法

Excelで順位を求めるにはRANK関数を使用することで可能となります。

RANK関数は「=RANK(数値, 参照, [順序])」の書式で入力します。

第3引数の順序には0(降順で並び替えて数値の大きい方から数えた順位) or 1(昇順で並び替えて数値の大きい方から数えた順位)を指定してます。省略した場合は降順での順位が表示されます。

RANK関数を使用して順位付けする例

  • 以下の例ではC2セルの書式へ「=RANK(B2,B$2:B$5,1)」を入力しています。

Excel:複数の図形(オブジェクト)の配置を揃える方法

以下の様にExcelで複数の図形(オブジェクト)の配置がバラバラになっている時に配置をきれいに揃える方法についてメモしておきます。

複数の図形(オブジェクト)の配置を揃える手順

  1. ホームタブの右端にある「検索と選択」を選択して「オブジェクトの選択」を選択します。
  2. 配置を揃えたい図形(オブジェクト)を選択します。
  3. 図形(オブジェクト)を選択後、書式タブ ⇒ 配置を選択し、揃えたい条件を選択します。今回は「左揃え」を選択します。
  4. 以下の様に選択した図形(オブジェクト)がきれいに左揃えされているのが確認出来ます。

今回は左揃えを例にしてみましたが、配置のメニューで右揃えや上揃え、下揃えなど色々選択出来るので自由に配置を調整することが出来ます。

Excel:郵便番号へハイフンを挿入する方法

Excelで郵便番号へハイフンを挿入するにはREPLACE関数を使用することで可能です。REPLACE関数は本来置換用の関数ですが第3引数へ0を指定することで文字列の追加も可能となります。

REPLACE関数を使用して郵便番号へハイフンを挿入する例

  • 以下の例ではB2セルへ「=REPLACE(A2,4,0,”-“)」を入力してA列の値の4桁目に”-“ハイフンを挿入しています。
  • 第3引数へ0を指定すると第2引数の文字の直前に第4引数へ指定した値が挿入されます。

Excel:文字列から指定した数の文字列を取得する方法

ExcelでMID関数を使用することで文字列から指定した数の文字列を取得することが出来ます。

MID関数は「=MID(文字列,開始位置,文字数)」で指定します。

開始位置へ 1 を指定することで先頭から取得することができます。

MID関数を使用して郵便番号から先頭3桁、末尾3桁を取得する例

  • 以下の例ではB4セルへ「=MID(B2,1,3)」を指定して郵便番号の先頭3桁を取得し、B5セルへ「=MID(B2,5,4)」を指定して末尾4桁を取得して表示しています。